知識と日陰の備忘録

遊戯王に関することをそこはかとなく書きます

デュエリストパックー冥闇のデュエリスト編ーで強化が来るのは誰だ?

こんにちは!みょんな事から取材と撮影を受けることになってしまって困惑しているアキーシャです!福岡市の皆さんに顔を知られることになるかもしれません...まぁ実際どういう風に使われるかは全く知らないんですけどね!波乱万丈な人生を送ってきたので怖いものあんまないですし、気楽に受けようと思います。ちなみに今一番怖いのはハリファイバーの禁止ですね!

 

さて、現時点で4月のことを怖がっているというなんともチキンなアキーシャですが、楽しみ、というか期待していることももちろんあるわけですよ。それが、2020年5月16日発売予定の、「デュエリストパックー冥闇のデュエリスト編ー」のことです。

 

 

「デュエリストパックー冥闇のデュエリスト編ー」について

 

発売日は先述の通り、5月16日です。1パックの値段や枚数に変化はないようです。コンセプトは、闇属性を使うデュエリストの強化とのこと。大きな変更点としては以下の2点。

 

①スーパーレア&ウルトラレアにシークレット仕様が存在

②収録デュエリストが3名

 

①はレギュラーパックでは当たり前のことですが、公式ではエントリーパックに属しているデュエリストパックではなかったことですね。1BOXに確定で1枚シークレットが入ってくれればいいんですが、その辺はどうなんでしょ?まぁこればっかりは発売日になってみないとわかんないですね。

 

問題は②ですよ。3人って誰が入るんだろうなって今からすごく楽しみです。この3人を今回は予想していこうと思います。

 

冥闇のデュエリストは誰だ?〜予想してみた〜

 

①闇マリク

デュエリストパックといえば初代DMの登場人物がパッケージイラストを飾る印象ありますよね!闇マリクであればパックタイトルにもふさわしいと思います。強化の方針としては、やはりラーをもっと強くしてほしいなと。OCG化でもっとも弱体化された神ですからね...ラー玉はまぁ強いんですけど。これを機にラー玉も再録してほしいところ(強欲)。ついでに、最近はバーンデッキが流行っていませんし、マリクの拷問カードでバーンデッキが流行したりするのも環境的には面白いかもしれませんね。

 

②鬼柳京介

通称満足さん。かつて環境で猛威を振るいまくったインフェルニティ使いであります。ちょいちょい強化は来ていたインフェルニティですが、最近ではさっぱりですね...テーマ内のカードは強力ですが、手札が0枚の時でないと使えないという制約がだいぶきつく、出張パーツにもなりにくいため、現環境ではほとんどその姿を見ることはありません。この機会に強化をして、現環境でも戦えるようにしてほしいですね。具体的には、インフェルニティの名称を持つ、耐性付きのシンクロモンスターですかね。ターン1なしでお手軽なんでも無効のカウンター罠である「インフェルニティバリア」の発動条件が「手札0枚」と「場に攻撃表示のインフェルニティがいること」です。後者が地味に難しいんですよね...ですのでここいらでとりあえず立てて安心できるモンスターが欲しいです。

 

③ユート

幻影騎士団の使い手。闇属性統一されており、今回のパックのコンセプトにも合致しています。また、幻影騎士団自体が、ストラクテーマ投票の際に<幻影彼岸>という形ではありますが、リストに上がっていたテーマです。その投票の際は惜しくも商品化には至りませんでしたが、何らかの形で投票にあったテーマの強化を行う可能性は十分に考えられます。実際に最新弾、ETERNITY CODEにおいても「蟲惑魔」「森羅」なんかは強化を受けましたしね。別の商品展開で強化を受ける可能性も十分にあると思います。

 

今回は予想だけです!まぁ情報が少なすぎて何ともいえないんですけど、来たら嬉しいなってテーマを選びました!収録人数が減った代わりに、強化枚数や再録枚数が増えて、デッキが組みやすくなってくれるととても嬉しいですね。期待しましょう!ではまた次の記事で〜

 

 

www.youtube.com