知識と日陰の備忘録

遊戯王に関することをそこはかとなく書きます

相次ぐデュエルスペース閉鎖...デュエリストたちの苦難

こんにちは!先日のブログで書いた手の痺れは肘の神経障害であることが判明したアキーシャです!まだ20代なんですけどね!悪い意味で全身20代の体じゃないって言われちゃいましたよ!みなさんもお体にはお気をつけください...

 

さて、お体にお気をつけてといえば最も気をつけなければいけないのが昨今話題の新型コロナウィルスでございます。アキーシャの個人的な認識としては「薬がなくてちょっと面倒なインフルエンザ」くらいにしか考えてなかったのですがどうやらそうでもない様子。自宅にテレビを置いていないのもあいまって、気が付いたときには公立学校が休校になるなどという大変な事態になっておりました...

 

まぁそもそもそんなに外で遊ばないし合法的に引きこもれるな!なんて思っていた矢先のこと、デュエリストたちにとってもこのウィルスが直接影響することが判明しました。それが今回のタイトルでも書いております、デュエルスペースの閉鎖でございます。(今回はただの雑談記事です)

 

アキーシャは福岡在住のYPなのですが、よく遊ばせていただいている福岡市内のお店のデュエルスペースも閉鎖となってしまいました...イベント中止は世間の流れから予測もできましたが、まさかここまでとは...と唖然としました。ただし、言われてみれば超納得いくことですよね。カードゲームはやはり、相手との距離が非常に近く、また、コミュニケーションをとりながらゲームを進めていく必要があるので、必然的に会話をすることになります。別にコロナウィルスに限ったことではなく、飛沫感染の可能性があるウィルスであれば感染リスクが非常に高いと言える環境であるのが、このデュエルスペースだといえます。閉鎖も致し方なし、というところでしょう。

 

とはいえ、デュエリストにとっての憩いの場であり交流の場であり戦いの場でもあったデュエルスペースの閉鎖はかなりの痛手であると言って良いでしょう。アキーシャ自身もそうですが、「デュエルしたいな」と思っても、いつでもすぐに誰かとデュエルができるというわけではありません。そんな時にお店に遊びにいってイベントに参加すればいいやと思ってこれまで続けてきたわけです。もちろん、Youtubeチャンネル仲間とのデュエルは楽しいですが、たまには全く知らない人とデュエルしたいって欲もあるじゃないですか。それがしばらく無くなるのはやっぱりちょっと寂しいですね、仕方ないんですけど...このままだとデュエルしたすぎてコロナにかかる前にデュエルゾンビになってしまいそうです。

 

そして、もう一つ心配なのが、この騒動がいつまで長引くのか、ということです。デュエルスペースの利用は無料のところもあれば有料のところもあります。たとえ無料であっても、「きたついでにカード買っていこう」や「そういえばスリーブが欲しいんだった」のようなノリで商品を買っていくプレイヤーもそれなりの数いると思います。有料であればわかりやすく、デュエルをする人が減れば減るほどお店の売り上げが減っていくということになります。つまり、ショップさんの売り上げ減少に直結するということです。このような事態がずっと続くようであれば、大手ならまだしも、中小のカードショップは経営が難しくなってしまう可能性すらあります。今回はウィルスのせいで仕方ない、と割り切れますが、ショップそのものがなくなってしまえばデュエルスペース不足が慢性的なものになりかねません。早いとこ今回のコロナ騒動が収束してくれることを祈るほかないですね...

 

事態の収束が早くなるためにも、まずは一人一人が感染しないよう注意すべきでしょう。デュエルしにくいのは悲しいことですが、ここはぐっとこらえて、自宅でじっくりデッキ構築や展開練習をしておき、騒動が収まった時にデュエル欲を爆発させましょう!そのような作業の際、何も音がないと寂しという方は、ぜひ我らがkinta channelの動画を流しながら作業をしてみてはいかがでしょうか?(プライドを捨てた堂々とした宣伝)

 

www.youtube.com

 

というわけで、今回はここまででございます。とにかくしっかり予防をして発症しないようにしましょう!デュエルで死ぬなら本望ですが訳わからんウィルスで死ぬのはご免こうむります!それでは、また次の記事で!